任意売却後の残債の返済

任意売却後の残債の返済

 任意売却に関して誤解している人がいますが、任意売却をしたからと言って住宅ローンが完済できることは滅多になく、また、住宅が無くなったからと言って残った債務を債権者が免除してくれるわけでもありません。 任意売却で肝心なのは売却することではなく、任意売却後に残った債務の返済と言えます。 ただ現実的には、自宅を任意売却するような債務者に自宅以外の返済資力は無いのが一般的です。そこで、債権者も無理な要求をしても回収できないのでは意味が無いので、債務者の支払える範囲内で少額ずつ分割返済していく形で了承することになります。 また、債権者の中には残っている債務をサービサー(債権回収会社)に売却して、一定額の回収をはかるところが少なくありません。その場合は、サービサーから残債の返済の請求が来ることになります。 ちなみに、サービサーは残債を大幅に値引いた額で買い取っていますが、だからと言って、債務者への請求額が減ることはありません。

 

親子間で任意売却を行う場合の費用

 親子間で任意売却を行う場合には、費用が一般の売買よりかかるそうです。 親子間や身内間で任意売却を行うには、一般の任意売却の場合の手数料の計算とは異なって、少し割高になってしまいます。 この費用が一般よりも割高になるということだけで、親子間の任意売却は意味がない、言っている業者もいるそうです。  しかし、費用が高くなっても、親子間や身内間の任意売却で、その不動産を守っていくのは自分自身であって業者とは違うのです。 そして、親子間や身内間の任意売却は近くの不動産会社では無理と思います。 単純な任意売却くらいなら、なんとか行えるかも知れませんが、親子間や身内間の任意売却は絶対に無理でしょう。  その場合は、専門家に相談しましょう。

Calendar